本文へ移動

当院の院内感染に対する取り組み

安心して治療をお受けいただくために
先般、新聞などのメディアで歯科用ハンドピースなどの滅菌処理が不十分であるなど  歯科における院内感染対策が不十分である旨の報道がなされました。
当院では開院当初より院内感染対策として標準予防策(スタンダードプリコーション)を
実施しており、患者さんに安心して治療を受けていただけるように取り組んでおります。
ここでは当院における「歯科器材等の洗浄・滅菌の流れ」や「口腔外バキューム装置」などの感染管理についての取り組みをご紹介します。

歯科器材の洗浄・滅菌の流れ

器具などの洗浄

診療で用いた器具(ハンドピースやタービン、その他多くの器具類)は手洗いにて洗浄(予備洗浄)したのち、手洗いでは落ちにくい細部の汚れを落とすため超音波洗浄機で再度洗浄します。

消毒

洗浄した器具はすべてフタラール消毒液(化学的殺菌消毒剤)に浸漬し殺菌消毒を行います。
薬液の濃度や浸漬時間も適切に管理し実施しています。

乾燥

洗浄・消毒が完了した器具はしっかりと乾燥させます。
 

梱包

洗浄から乾燥までの工程を完了した器材は、使用目的に応じて個別もしくはセットにして梱包します。

滅菌

梱包した器具などは滅菌装置(オートクレーブ)にて滅菌します。
当院では滅菌処理の効率を上げるために2台の滅菌装置を導入しています。

保管

滅菌処理をした器材等は、その種類・使用目的ごとに保管しており、患者さんの治療内容に合わせて必要な器材等を素早く取り出せるように整理・保管しています。

口腔外バキューム(サクション)装置を導入しています

口腔外バキューム(サクション)装置とは?

治療の際、歯や詰め物などを削った「削りカス」や、唾液や血液などの「飛沫」といった微小な粒子が発生します。 これらの粒子が診療室内に飛散しないように吸引する装置のことを口腔外バキューム(サクション)装置といいます。
※写真のチェア左側に立っている機械が口腔外バキューム装置です

口腔外バキュームの必要性

これらの「削りカス」や「飛沫」などの粒子が空気中に漂うと、患者さんやスタッフの呼吸により肺に達する恐れがあります。 万が一、これらの粒子にウイルスが付着していた場合、感染を引き起こしてしまう可能性があります。 このような感染から患者さんやスタッフを守るために口腔外バキューム装置は必要不可欠なものと考えています。
 
当院では、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、またスタッフも安全に勤められるように、感染管理対策に取り組んでいます

患者さんをお迎えするまでに

チェアのクリーニング

治療を行った後のチェアやチェアサイドにある機材のクリーニングを行います。
クリーニングが終了したら、チェアやチェアサイドにある機器(特に歯科医師や衛生士が操作する部分)に防汚フイルム(ブルーのフイルムが目印です)を張付けます。

スタンバイ

クリーニングが完了したら、治療に用いる器具などを準備して「お迎え準備完了」となります。
 
〇当院では患者さんに気持ちよく治療をお受けいただくために感染に対する取り組みに力を入れています。ご不明な点やお気づきの点などありましたら何なりとスタッフまでお声かけください。
新森内科クリニック
〒874-0919 大分県別府市石垣東5丁目1番25号
お問い合わせはお気軽にどうぞ
tel.0977-25-5261 
FAX.0977-21-2149

内科・胃腸内科・循環器内科・呼吸器内科・腎臓内科
新森歯科クリニック
〒874-0919 大分県別府市石垣東5丁目1番25号
お問い合わせはお気軽にどうぞ
tel.0977-76-8088 
FAX.0977-76-8018

歯科・口腔外科・小児歯科
TOPへ戻る